味玉のシングルファーザー生活♬

ひとり親の子育て/テキトー料理レシピ/アホ小説/ボクシング&格闘技/ダイエット(減量)/指定難病と過去のうつ病…ほか・・ごゆるりと♬

『地図から消された島・破』K著

f:id:single-father-ajitama:20190404023419j:image

 

この物語は、この春4年生になる息子のKが書いたものです。誤字脱字の修正、漢字の変換、句読点の添削以外は、原文のままですので、読みにくさはご容赦ください。

 

前回までのあらすじ

商店街の福引きで1等を引き当てた兄弟、ユウヤとレイは、10日間かけてクリスマス島まで旅をすることになる。そして当選の知らせの朝、ユウヤがポストで見つけた瓶には、見知らぬ島が記された1枚の地図が入っていた。

地図の謎を抱えたまま旅を始めた兄弟は、客船の朝食会場で、何やらヒソヒソ話しをする2人の男と隣り合わせる。男らが言うには、この航海途中に誰も近寄らない危険な島『地図から消された島』があるのだとか…

www.xn--btr663e.xyz

 

地図から消された島・破

 

f:id:single-father-ajitama:20190404023436j:image

 

「そうか。」

 

「ここからは場所を変えよう。ここから誰にも知られたくないからな。」

 

「分かった。」

 

それから二人の男は、消えていった。

 

レイとユウヤは、自分の部屋に戻っていった。

 

「今の聞いたよな。」兄が言う。

 

「もちろんだよ兄さん。」

 

「あの日の地図は、アイツら言ってた島だな。」

 

「そうさ兄さん。そしてあの島は、宝島だ。」

 

「そうだな。面白くなってきたな弟よ。」

 

「うん、そうだね兄さん…それより、その島…行くの?」

 

「行きたいに決まってるじゃないか弟よ。」

 

「僕は行きたくないよ兄さん。そもそも僕らは旅行しに来たんだよ。目的は宝じゃないだろ。」弟が焦ったように言う。

 

「そっか~、ならいいや。」

 

(相変わらずあきらめが早いな。)レイは心の中でそう思った。

 

 

そして、今日、思わぬ悲劇が起きる。

レイが夜中にトイレに行って部屋に戻った時。

 

「緊急警報!緊急警報!何かにぶつかり船に大きな穴が空きました。すぐ…に………ピーピー。」

 

「スピーカーが壊れた!」レイが叫ぶ。

 

「何だよ、うるさいなーレイ。」

 

「そんなボンヤリしてる暇なんてないよ!とにかく船が何かに…て、水がぁー!」

 

f:id:single-father-ajitama:20190404023458j:image

 

・・・。

 

「兄…さん?…ここはどこだ?ん…兄さんがいないな…探さないと!」レイはそう言って右を見た。

 

「橋が架かっているな…と言うことは、誰かがこの島に来たんだな…ん…橋の向こうにワニがいるぞ、ピラニアみたいな魚も跳ねてる、ここは左に行った方がいいな。」そして左に行った。

 

「どこにいるんだ~!ん…後ろに気配がある…兄さんか?」

 

この時レイは兄さんを見つけたと思い、変なことが起きていることに気づかなかった。

 

「ド…ドラゴン?」ドラゴンは空に向かって炎を吐いた。

 

「本物だ!逃げるんだよー!!」ドラゴンは炎を吹きながらレイを追っていく。

 

「ん…あそこに猿の巨人みたいなのがいる!」そして次に…

 

「うわぁ!今度は大蛇がいるー!」そしてその先には火山が、もっと先には、あの橋にいたワニが…。

 

「うわぁ!もう嫌だぁ!さっきから無視してる右側の道に行くしかねぇ。」しばらく進むと…。

 

「ん…あれは…兄さん!」

 

「ん~うるさいな~…ん…ぎぃぁあ!なんだレイ、その怪物軍団は!」

 

「兄さん!とにかく逃げるんだよー!」

 

「ひいい!」兄が叫ぶ。

 

「行き止まりだぁ!」レイが叫ぶ。

 

「俺たちここで死ぬのか…ん?宝箱があるぞ。」

 

ユウヤが小さい声で言ったあと、二人が宝箱にしがみついた瞬間…

 

続く…

 

f:id:single-father-ajitama:20190404023513j:image

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村