味玉のシングルファーザー生活♬

ひとり親の子育て/テキトー料理レシピ/アホ小説/ボクシング&格闘技/ダイエット(減量)/指定難病と過去のうつ病…ほか・・ごゆるりと♬

『地図から消された島・急?』K著

f:id:single-father-ajitama:20190404023419j:image

 

この物語は、この春4年生になる息子のKが書いたものです。誤字脱字の修正、漢字の変換、句読点の添削以外は、原文のままですので、読みにくさはご容赦ください。

 

前回までのあらすじ

クリスマス島に向かう客船の食堂でふたりの男の話を盗み聞き『地図から消された島』の存在を知るレイとユウヤ。

弟レイの反対により、その「宝島」へ行くことは諦めたふたりだったが、その夜なんと船は座礁、波にのまれたふたりは「宝島」へと漂着した。

ワニ、ピラニア、火を吹くドラゴン、猿の巨人、大蛇に追われ、行き止まりに追い詰められたふたり。

そこで見つけた宝箱に必死にしがみついた瞬間…。

 

www.xn--btr663e.xyz

 

www.xn--btr663e.xyz

 

地図から消された島・急?

f:id:single-father-ajitama:20190423082153j:image

 

ここ…は…

 

天国?…だれかが…ぼくを呼んでい…る。

 

レ…イ…

 

…?

 

レイ…レイ…     「…レイ!」

 

「あれ兄さん、ここは…なんでベッドにいるの?」

 

「分からない。おれも目覚めたらベッドにいたんだ。」

 

「ということは夢だったのか。」

 

「リアルな夢だったぜ。」ユウヤが言う。

 

「ははは…。」

 

ふたり同時にいった。

 

 

 

24日後…

 

「今日は整理整頓だ。」レイが言う。

 

「へぇ〜い。」兄が面倒くさそうな声で言う。

 

「なつかしいなぁ〜。」

 

「ん…24日前の宝箱だ!」兄が叫ぶ。

 

「ふえっ!」レイが叫びながら兄の部屋に行く。

 

「本当だ、なんで…あれは夢じゃ。」レイが言う。

 

「んなことどうでもいいだろ、早く開けようぜ。」

 

「うん、そうだね。」

 

 

ふたりが宝箱を開けると…。

 

 

 

f:id:single-father-ajitama:20190423082209j:image

 

続く…

 

のか?

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村